【日本ダービー】(7)コズミックフォース 順調そのもの

[ 2018年5月26日 05:30 ]

 プリンシパルS1着で権利を獲って挑むコズミックフォースは、角馬場で運動してから南A(ダート)コースでキャンター。その後、ゲートの駐立確認を行った。「順調。それしかないよ」と国枝師。「(2走前の)すみれS(5着)はリズムが悪かったが、前走はうまく流れに乗れていた。折り合いに苦労するタイプでもないし、距離延長も問題ない」と潜在能力を信じて強敵に挑む。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2018年5月26日のニュース