【日本ダービー】(2)タイムフライヤー 修正ばっちり

[ 2018年5月26日 05:30 ]

 タイムフライヤーは坂路をラスト1F12秒9と脚を伸ばしてきた。最終追いの後「予定より時計が遅くなった。金曜の調教で修正を」と話していた松田師は「指示がラスト1F13秒0。予定通りですね。しっかりしてきたし、ボリューム感が出てきた」と納得の表情を浮かべていた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2018年5月26日のニュース