【阪神新馬戦】エアシンフォニー接戦制す 角居師「安心した」

[ 2017年12月18日 05:30 ]

 阪神6R新馬戦(芝1400メートル)は、エアシンフォニー(牝=角居、父ルーラーシップ)が外から伸びて、ゴール前の接戦をしのいでV。C・デムーロは「この距離は短い感じ。抜け出して遊んでいたけど、ルメール騎手の馬(リバティハイツ)が来たら、盛り返しました」と振り返った。

 角居師は「いい走りをしてくれた。若くてカッとする面はあるけど、競馬は上手。血統馬ですし、安心しました」と話した。次走は未定。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース