服部 全24場制覇盾に新たな誓い 浜名湖で表彰式&報告会

[ 2017年12月18日 05:30 ]

全24場制覇の記念盾を贈られた服部(右)
Photo By スポニチ

 11月3日にボートレースまるがめで「琴参バスカップ」を優勝し、史上19人目の全24場制覇を達成した服部幸男(46=静岡)の表彰式と報告会が17日、ボートレース浜名湖で行われた。

 通算優勝回数92回。92年平和島SGダービーでSG史上最年少優勝(21歳9カ月)という記録を持つ服部に新たな栄誉が加わった。BOATRACE振興会・藤川修一理事から1オンスの純金メダルがはめ込まれた記念盾を贈呈された服部は「会う人会う人に(24場制覇と)言われ、毎日プレッシャーだった。達成できて良かった。これからも変わらずベストを尽くします」と集まった多くのファンに向けて語った。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース