【朝日杯FS】タワーかわされ3着、ルメール「次のカナロア」

[ 2017年12月18日 05:30 ]

他馬を寄せ付けない走りを見せた川田騎乗のダノンプレミアム(左)
Photo By スポニチ

 タワーオブロンドンはスッとゲートを出し、中団馬群で脚をためた。直線に入り、追いだしを開始。勝ち馬は2馬身前方にいたが、突き放される一方。最内から2番手に押し上げたが、最後は外から飛んできたステルヴィオにかわされ3着。

 ルメールは「勝った馬が凄かった。すぐ反応はできなかったけど、ゴール前は頑張ってくれた。距離は短い方がいいのかな」と振り返った。続けて「体もスプリンターっぽい。次のロードカナロアです」と、かつての短距離王者の名を挙げスプリンターとしての未来に思いをはせていた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース