【有馬記念】シュヴァル G1連勝へ意欲的併せ馬、ほぼ併入

[ 2017年12月18日 05:30 ]

 シュヴァルグランは午前4時すぎ、坂路でジュンヴァルロ(2歳オープン)と意欲的な併せ馬を行った。28日のホープフルSに出走する後輩馬相手にラストの反応はやや見劣ったが、4F55秒0〜1F12秒7をマーク。

 大江助手は「最後はほぼ併入ぐらい。順調に来ていると思います。今年に入ってからレースのダメージを引きずらなくなった」と成長に目を細める。前走のジャパンCは4番手から抜け出し快勝。「スタートが良くなったのが大きい。中山なので、スタミナを生かすレースになるかな」とG1連勝に力を込めた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース