【朝日杯FS】戦い終えて

[ 2017年12月18日 05:30 ]

 ▼4着ケイアイノーテック(幸)勝ち馬は強かったけど、2着馬とは差がなかったし、能力の高い馬ですね。最後も伸びてる。

 ▼5着ダノンスマッシュ(福永)スタートを出た後につまずいた。ペースも遅く、そんなアクシデントの中で頑張ってる。

 ▼6着ファストアプローチ(シュミノー)2番手でいい形のレースはできたが、久々の分かな。

 ▼7着カシアス(浜中)一度使って落ち着きがあったし、レースもスムーズ。よく走ってます。

 ▼8着フロンティア(岩田)ダッシュがつかずじっくり構えた。最後は伸びていますが。

 ▼9着ダブルシャープ(和田)ゲートは出たが遅い流れでこの枠。壁ができず(ハミを)かんでしまった。

 ▼10着アサクサゲンキ(武豊)折り合いは付いた。この距離は長いかな。

 ▼11着ケイティクレバー(小林)考えていた競馬はできたけど、コーナー4つの方がいいかも。

 ▼12着ライトオンキュー(四位)馬は良くなってる。相手が強かった。

 ▼13着ムスコローソ(池添)折り合ったけど離された。これからの馬です。

 ▼14着アイアンクロー(酒井)ずっと当てられてしまった。小さい馬だけにね。千二、千四なら相当走るって手応えはあった。

 ▼15着ヒシコスマー(松山)どこかで外に出したかったですね。

 ▼16着イシマツ(加藤)初めてのG1でいい経験をさせてもらいました。この馬については中央に慣れていけば。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2017年12月18日のニュース