PR:

【有馬記念】65年「シンザンが消えた!」外の外から強襲V

シンザンは有馬記念を制し、史上初の5冠を達成
Photo By スポニチ

 【「有終の美 優駿の美」】引退戦キタサンブラックに注目が集まる今年の有馬記念。有終の美を飾った名馬たちを「有終の美 優駿の美」として連載で紹介する。65年有馬記念で史上初の5冠馬となったシンザン。東京五輪の64年に戦後初の3冠馬となった日本競馬史上最大の功労馬は、最後も圧巻の強さを見せつけた。

 いざなぎ景気に沸き、プロ野球第1回ドラフト会議が始まった65年有馬記念。戦後初の3冠馬となったシンザンは引退戦を迎えた。

 中山で使ったことがないため、有馬8日前の12月18日のオープンを使い、連闘の異例ローテ。しかもそのオープンで無名のクリデイに屈して2着に敗れたが、単勝1・1倍の断然人気を集めた。レースは「打倒シンザン」に燃える東の名手・加賀武見の“秘策”で名勝負に。当日の中山の馬場は内が荒れていた。大逃げから勝負どころで後続を引き付けた加賀ミハルカスは最終4コーナーで内を避け、異常なまでの膨らみ方で外に持ち出す。無論、直後にシンザンがいるのを察知した上でのコース取りだ。しかし、シンザン初騎乗の松本善登は慌てなかった。なんと、ミハルカスのさらに外に、外ラチ沿いにシンザンを持ち出したのだ。

 騒然とするスタンド。

 「シンザンが消えた!!」

 テレビカメラからもファンの視界からも一瞬見えなくなった。しかし、再び姿を現すとねじ伏せるように抜けた。愛馬を信じた松本の信念の勝利。史上初の5冠馬が誕生した。翌66年1月、東京競馬場と京都競馬場で引退式を行い、種牡馬入り。「シンザンを超えろ」は長らく日本のホースマンのスローガンになった。

 ◆シンザン 父ヒンドスタン 母ハヤノボリ(母の父ハヤタケ)京都・武田文吾厩舎所属 馬主・橋元幸吉氏 生産者・北海道浦河町松橋吉松氏 戦績19戦15勝 総獲得賞金6021万9700円。

 ▼65年の世相 いざなぎ景気。3C時代(車、カラーテレビ、クーラー)。国鉄「みどりの窓口」開設。富士山レーダー観測開始。 有馬記念

[ 2017年12月18日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:06月23日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース