【有馬記念】クロニクル 坂路でゆったり調整、若さでどこまで

[ 2017年12月18日 05:30 ]

 2日のチャレンジCを制したサトノクロニクルは、坂路を4F60秒1でゆったり駆け上がった。

 兼武助手は「使ってからも、変わりなく来ている。中2週なので、最終追いでサラッとやれば」と感触を口にする。重賞初Vを飾ったばかりだが「まだ馬は若いし、強い相手にどれだけ頑張ってくれるか」と話した。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース