【有馬記念】アンプルール 坂路で余力十分、一瞬の脚生かす

[ 2017年12月18日 05:30 ]

坂路で余力十分の動きを見せたサクラアンプルール
Photo By スポニチ

 17日のサクラアンプルールは坂路で4F58秒0。1馬身前を行くサンクトゥスレーン(2歳未勝利)を抜かずに余力十分にゴール。

 池上助手は「週末は60秒ぐらいがいつものパターン。中山向きだし、天皇賞より有馬にウエートを置いていた。最初のスタンド前までうまく流せれば、正味1800メートルの競馬になるとジョッキー(蛯名)とも話していた。内枠でも引いて、一瞬の脚を生かせば」と【3110】と好相性の中山に託した。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース