【有馬記念】クラウン 実戦モードON、気合前面に駆け抜けた

[ 2017年12月18日 05:30 ]

 サトノクラウンは開門の午前4時すぎ、Dコース(ダート)→Wコースをキャンター。気合を前面に出して力強く駆け抜けた。

 斉藤助手は「木曜(14日)に速い時計も出したので、普通キャンターでラスト2Fを伸ばした。気分転換で週中にポリトラックに入れた効果か、今日は馬の気持ちが入っていたのが一番大きい。鞍上としっかりコンタクトも取れ、集中して走れていた」と実戦モードに入ったのを感じていた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2017年12月18日のニュース