【有馬記念】クイーンズリング 順調さ保つ、中山は2戦2勝

[ 2017年12月18日 05:30 ]

 昨年のエリザベス女王杯覇者クイーンズリングは、坂路でサッと流して4F60秒3。吉元助手は「15―15(1F15秒)で予定通り。前走のダメージもないし変わりなく順調」と感触を口にする。

 中山はデビュー当初に2連勝した舞台。「2戦2勝だしコースは合っていると思う。折り合うので距離も気していない。リズム良く運べれば」と期待を寄せた。最終追い切りでは新コンビを組むルメールが感触を確かめる予定。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2017年12月18日のニュース