【高松宮記念】ミステリー師が自ら手綱 カレンに1馬身遅れ

[ 2012年3月22日 06:00 ]

 トウカイミステリーは坂路でカレンチャンに1馬身遅れ。自ら手綱を取った安田師は「さすがに相手の方が一枚上。動きは見劣ったね」と認めつつも「この馬なりに頑張って走っている。休み明けを使って具合も上向いている」と評価。ここがラストランの予定で「力を出し切ってほしい」と結んだ。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年3月22日のニュース