【毎日杯】マウントシャスタ 5馬身ぶっちぎり

[ 2012年3月22日 06:00 ]

<毎日杯>マウントシャスタ(左)はサトノシーザーと坂路併せ馬で追いきられ先着

 圧巻だ。デビュー2連勝のマウントシャスタは坂路で毎日杯追い切り。サトノシーザー(3歳未勝利)と併せ、ラスト1Fで約5馬身も突き放した。時計は4F52秒7~1F12秒5。池江師も納得の表情だ。「いい動きだったね。全体の時計が速かったしラストの反応も良かった。どんどん良くなっている」。前走・アルメリア賞は首差の辛勝だが「馬場が悪かった上、前有利の流れだったからね。良馬場ならちぎっていたよ。今のところ、課題らしい課題はない。ワールドエース級の馬」と最大級の評価。無敗で皐月賞へ向かう。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年3月22日のニュース