【日経賞】ケイアイドウソジン 最後まで手応え

[ 2012年3月22日 06:00 ]

 ダイヤモンドSを制したケイアイドウソジンは梶(レースは三浦)が乗ってポリトラックコースでディアビリーヴ(5歳1000万)と併せ馬。半馬身ほど前に行かせて追いかけ、直線では馬なりのまま併入。時計は5F66秒2~1F13秒1。「最後まで手応えが良かった。前走は全てがうまくいったとはいえ、この馬自身も頑張った。リズムさえ守れればハナにはこだわらない。相手は強いが状態の良さを生かしたい」と田村師。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年3月22日のニュース