【高松宮記念】常勝カナロア1番時計!坂路50秒6

[ 2012年3月22日 06:00 ]

<高松宮記念>坂路1番時計を叩き出したロードカナロア

 短距離界の新星ロードカナロア。目下5連勝中でここ2戦は一気に相手が強化された重賞だ。勢いそのままに最終追いでも派手なアドバルーンをブチ上げた。坂路併せ馬の相手はオープン馬のオーセロワ。道中は2馬身後方から追いかけ、残り1F地点でかわすと右ムチ3発に反応してしっかり伸び切った。4F50秒6はこの日の坂路1番時計。ラスト1Fは12秒4の鋭さでパートナーに1馬身半差をつける絶好の動きだ。

 見守った安田師も「1Fだけ伸ばす指示。素晴らしい動きだったね」と目を細める。そしてこう続けた。

 「G1の舞台で左回りは初めて。あらゆる条件を克服してこそG1(のタイトル)なので、クリアしてほしいね」

 最大の敵は身内にいる。スプリント女王のカレンチャンだ。手綱を取る福永は「昨年のチャンピオンホースがいるからね。胸を借りる立場であくまでチャレンジャー」としていることから、安田厩舎の4頭出しに序列をつければやはり“2番目”となるか。ただ、周囲がそう見るかは別の問題。注目度ではむしろこちらの方が上。

 左回りは初めてだが、そこまでこの馬を苦戦に導く材料になるとは思えない。福永に不安材料?と聞くと「全然」とぽろっと本音が出た。天才肌の短距離馬だと認めているのだ。

 「2走前の京阪杯は先行馬の後ろで少しだけもまれた。前走のシルクロードSは下げた位置でプレッシャーを受け、さらにモマれる競馬を経験した。普通はどこかで負けてしまうもの。それが結果を出し続けるんだから特殊だね」

 将来を見据えるからこそその都度、大きな課題を与えてきたが天才スプリンターは満点の内容でこなしてきた。「G1舞台でも…」。福永の期待と自信が膨らむのは当然だ。

続きを表示

この記事のフォト

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年3月22日のニュース