騎手7人が1600万円寄付 フレンドシップ3・11

[ 2012年3月22日 06:00 ]

 中央競馬での騎乗数×5000円を被災地へ寄付するプロジェクト「フレンドシップ3・11」に参加した7人の騎手が21日、大阪市内の日本赤十字社を訪れ、騎乗料の一部など計1668万2500円を寄付した。出席したのは佐藤、四位、岩田、福永、池添、川田、藤岡佑。「何か役に立てないかと考え、積み立ててきた。復興までは遠い道のりだと思うけれど、有意義に使っていただきたい」と福永。今後の活動については「騎手の親睦旅行で東北に行くので、少しでもお金を落とせたら。幼稚園にも慰問に行く予定」と話した。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年3月22日のニュース