“芸能界最速投手”間宮祥太朗「感謝」“最強マスクマン”とガチ勝負!上地雄輔も感動「間宮君プロかと」

[ 2021年1月9日 09:00 ]

「炎の体育会TVSP」で“最強マスク・ド・スラッガー”とガチの1打席勝負に挑む間宮祥太朗(C)TBS
Photo By 提供写真

 “芸能界最速ピッチャー”の俳優・間宮祥太朗(27)が9日に放送されるTBS「炎の体育会TVSP」(後7・00~9・00)に登場。首位打者も獲得したことがある現役プロ野球選手が覆面をかぶる“最強マスク・ド・スラッガー”とガチの1打席勝負に挑む。

 小学1年~中学3年と野球に打ち込んだ間宮。2019年7月23日に行われた「阪神―DeNA」戦(甲子園)のファーストピッチセレモニーで“芸能人最速”の139キロを記録し、話題を集めた。

 今回のマスク・ド・スラッガーは「WBC4番」「首位打者」「ベストナイン」「ゴールデンクラブ賞」など輝かしい経歴を持つ超一流打者。ウオーミングアップの打撃練習中にサク越えの特大ホームランを連発し「ホームランしか狙っていません!」と打つ気満々。

 間宮も「野球が大好きで、番組史上最強のマスクマンと対決できるという一生にあるかないかの対決に参加できることに感謝しています。久しぶりの野球対決を全力で楽しみたいですし、最強マスク・ド・スラッガーには絶対打たせません!」と自身初のバラエティー本気ピッチングに闘志がみなぎる。

 横浜高校時代に西武・松坂大輔投手(40)とバッテリーを組んだこともあるタレントの上地雄輔(41)はベンチで勝負を見守り「マウンドで投げる間宮君を見ているとプロかと思った。感動する素晴らしいピッチング」と大絶賛。結果はいかに?

 初の対戦企画「芸能界最強ピッチャーvs現役プロ野球最強バッター!!」。昨年10月4日に行われた「ヤクルト―広島」戦(神宮)の“号泣始球式”(138キロ)が反響を呼び、強豪・済美高校(愛媛)出身のお笑いコンビ「ティモンディ」の最速150キロ右腕・高岸宏行(28)も参戦し、大興奮。「こんな素晴らしい対決、1日中やってたいです!」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月9日のニュース