×

第70期王将戦七番勝負あす静岡県掛川市で開幕 対局場で前日検分

[ 2021年1月9日 17:34 ]

第70期王将戦第1局を前に、対局場検分を行う渡辺明王将(右)と永瀬拓矢王座(撮影・西尾 大助)(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(36)=名人、棋王との3冠=に永瀬拓矢王座(28)が挑む第70期王将戦7番勝負の第1局が静岡県掛川市で10日から始まるのを前に、9日、対局場検分が行われた。

 今回で7番勝負開催が12回目となる対局場の「掛川城二の丸茶室」。検分では、両者が盤駒や室温、部屋の明るさなどをチェックした。夜戦に備えて蛍光灯が追加設置されているが、永瀬から「駒台に明かりが反射する」という指摘が入る一コマも。予備の駒台との差し替えも検討されたが、蛍光灯の光の強さを調整する和紙を設置し予定通りの駒台を使用することになった。

 過去に6回タイトル戦を経験している永瀬だが、2日制は初めて。タイトル戦での「封じ手」記入も初めての経験とあり、立合人を務める森内俊之九段に見守られながら記入の仕方や封入方法を入念に確認していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年1月9日のニュース