藤井2冠、リーグ戦残留へ意地の2勝目 広瀬八段に終盤逆転勝ち

[ 2020年11月3日 05:30 ]

王将戦挑戦者決定リーグ

昼食休憩中に熟考する藤井聡太2冠
Photo By スポニチ

 将棋の第70期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負で渡辺明王将(36)の対戦者を決める挑戦者決定リーグは2日、東京都渋谷区の将棋会館で2局を行い、藤井聡太2冠(18)は広瀬章人八段(33)を122手で下し、2勝目を挙げるとともにリーグ残留の可能性をキープした。豊島将之竜王(30)=叡王と2冠=は佐藤天彦九段(32)に104手で勝ち、開幕4連勝で単独首位に立った。

 やはり、何かを持っている。徐々に勝利に近づいた最終盤。藤井は100手目の△6四同銀でリードを吐き出してしまう。104手目△7一歩と打った直後には「先手から決め手があってもおかしくない」と敗戦を覚悟したほど。だが優位に立ったはずの広瀬が消極的な守りの銀を8九に配置すると、生気を取り戻すように反撃を開始する。

 「(110手目)△6八金から(112手目)△7八桂成という手を発見して角が使えるようになった。ここで好転したと思います」。薄氷を踏む思いでつかんだ勝利を小声で振り返った。

 広瀬戦には苦い思い出がある。昨年11月19日、昨期の挑決リーグ最終一斉対局。4勝1敗同士の頂上対決で、勝った方が7番勝負出場という大舞台だ。終始押され気味だった中盤戦から盛り返し、勝利寸前まで到達した藤井。だが1分将棋の中で最後は選択ミスをしてしまい、ぼうぜん自失の逆転負けとなった。

 「以前の対局について特に意識していません。(広瀬は)強い相手なのでこちらがしっかり集中して臨まなければいけないと思っていました」

 約1年ぶりの因縁を辛うじて振り払った史上最年少2冠。これで2勝3敗となり、20日の最終一斉対局で木村一基九段(47)を倒せばリーグ残留の可能性が高い。「最終局も盤上に集中して指したいと思います」と締めた藤井。挑戦権こそ届かなかった代わりに、来期への足掛かりはしっかり残したいところだ。

 《2期連続挑戦権失う》敗れた広瀬は2期連続挑戦の権利を失った。中盤から藤井に押され気味だったが、一度は逆転。しかし「(107手目の)▲8九銀に代わる手があったのでは…」と失着を悔やんだ。残り2戦を連勝すればリーグ残留が決まる。「残留目指し頑張りたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月3日のニュース