離婚発表のZeebra、誹謗中傷に「こんな父親でもけなされるのは辛いと…娘の気持ちを汲んで頂けたら」

[ 2020年11月3日 07:35 ]

Zeebra(2009年10月撮影)
Photo By スポニチ

 2日にモデルの中林美和(41)との離婚を発表したヒップホップ歌手のZeebra(ジブラ、49)が3日、自身のツイッターを更新。離婚発表後に浴びせられた誹謗中傷の声に反応した。

 離婚を発表した2日のツイートに、ユーザーから様々なコメントが寄せられていたZeebra。日付が3日に変わり、再びツイッターを更新し「ひとつだけ補足しますが、離婚ってそんなシンプルじゃないですよ」と投稿した。

 娘2人の父親でもあり、次女は大ブレーク中のガールズグループ「NiziU」で活動するRIMA(16)。「自分は何を言われても構いませんが、こんな父親でも貶(けな)されるのは辛いと言ってくれる優しい娘の気持ちを汲んで頂けたら幸いです」と呼びかけ、「どうしても誹謗中傷なさりたい方は今からDM開けるので直接お願いします」とつづった。

 今年8月に不倫が報じられた際、Zeebraは「不甲斐ない行いにより大切な家族を傷つけてしまったことを、深く反省しております」と謝罪。2日に「長年連れ添った妻と協議の結果、離婚致しました」と報告した。娘2人の親権は中林が持つ。
 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月3日のニュース