舘ひろし、旭日小綬章を受章「思いもかけぬ栄誉を賜り大変光栄」

[ 2020年11月3日 05:30 ]

旭日小綬章を受章した舘ひろし
Photo By 提供写真

 政府は2020年秋の叙勲受章者を発表し、俳優で歌手の舘ひろし(70)、女優の麻実れい(70)、作家の北方謙三さん(73)らが旭日小綬章を受章した。舘は受章の知らせに「思いもかけぬ栄誉を賜り、大変光栄」と静かに喜びをかみしめた。75年に「クールス」のボーカルとして芸能界入り。「西部警察」「あぶない刑事」などで演じた、ワイルドでダンディーな刑事役は代名詞となった。

 83年から在籍する石原プロモーションには、元社長で俳優の渡哲也さんを慕って入った。今年8月に亡くなった渡さんも13年に同章を受章している。石原プロは来年1月16日で看板を下ろすが、舘は「その背中を追いかけてまいりました、渡と同じ章を頂いたことを糧に、これからも精進を重ねる所存です」と意欲を新たにした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月3日のニュース