東出昌大 不倫騒動を謝罪「申し訳ない」 杏と対面し、話し合い 唐田とは破局

[ 2020年3月17日 13:46 ]

<三島由紀夫VS東大全共闘トークイベント>トークショーに登場した東出昌大は初めに深々と頭を下げる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 俳優の東出昌大(32)が17日、スペースFS汐留(東京都港区)で行われた映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」の公開直前イベント終了後に囲み取材に応じ、不倫騒動について謝罪した。

 多数の芸能取材陣を前にしてのイベント出演は、1月14日のテレビ朝日ドラマ「ケイジとケンジ」完成披露試写会以来で63日ぶり。女優の唐田えりか(22)との不倫が公になってからは初めて。

 黒いインナーにダークスーツ姿。身につけたアクセサリーは腕時計だけで、左手の薬指に結婚指輪はなかった。登壇すると深々と頭を下げ、「東出昌大と申します。本日はよろしくお願いします」と硬い表情であいさつした。

 約30分間のイベントを終えた後、壇上で民放各局番組の女性リポーターらに囲まれながら、杏(33)との別居中の状況などを明かした。

 まず東出から「このたびは、お仕事の関係者のみなさまに多大なるご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした」と謝罪。「最も謝罪しなければならないのは妻に対してだと思います」と続け、会見の場を設けるまで「遅くなりました」と説明した。

 さらに「これ以上、妻を傷つけたくはありません。お答えできることには限りがあると思います」とし、深々と頭を下げた。

 杏とは「ドラマの撮影が終わってから」対面し、話し合った。共通の知人が間に入ってくれたといい、「妻を傷つけてしまい申し訳ない」と反省の言葉を口にした。

 ドラマの撮影中も「妻に対しても子供に対しても申し訳ないという思いだった」と強調。唐田に対する思いは「私の心内を今しゃべることは妻を傷つけることになるので」と発言を避け、騒動以降は一度も会っていないとした。

 杏に対しては「裏切りから一生消えない傷を付けてしまったと思います」。子供とは会っておらず、杏のはからいで「毎晩のようにビデオ通話」で様子を確認している。

 結婚指輪を付けていないことには、「私の意思表示のようになるので。妻を傷つけてしまうことになるので」と説明。不倫した要因については、「仕事、私生活においてのおごり、慢心」があったとした。

 離婚に向かっているのか?修復に向かうのか?については「現時点では話せません」とし、「唐田とは別れたのか」との質問には「はい」と断言した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月17日のニュース