「たけしの家庭の医学」今月終了 シリーズ16年で幕 後番組に沢村一樹とミルクボーイ

[ 2020年3月12日 16:00 ]

ビートたけし
Photo By スポニチ

 テレビ朝日は12日、4月改編の概要を発表。タレントのビートたけし(73)がMCを務める医療バラエティー「名医とつながる!たけしの家庭の医学」(火曜後8・00)が3月いっぱいで終了することが分かった。

 「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」が2004年4月にスタート。その後、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」として2010年にリニューアル。シリーズ第3弾となる現番組は2017年7月から放送を開始していた。

 後番組は俳優の沢村一樹(52)とお笑いコンビ「ミルクボーイ」がMCを務める「これって私だけ?」。沢村はゴールデン帯(午後7~10時)バラエティー初のレギュラーMCで、ミルクボーイはゴールデン帯初レギュラー番組となる。今年2月に放送された特番「ガチ探し!検索不能~一度で良いから見てみたい~」をレギュラー化。制作のABCテレビ(大阪)は、「この番組は“くだらないけど自分は見てみたい”、“これって私だけ?”な興味だけで進みます」と説明している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月12日のニュース