橋本マナミ 小倉優子の離婚危機について「もっと早くに話せなかったのかな」

[ 2020年3月12日 22:07 ]

タレントの橋本マナミ
Photo By スポニチ

 タレントの橋本マナミ(35)が12日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に出演、タレントの小倉優子(36)が2018年12月に再婚した歯科医の夫(46)と離婚危機にあることが分かったことについて「お仕事をしたいっていうのを、ちゃんと付き合った時に話し合っておくべきだった」と語った。

 小倉は現在第3子妊娠中。橋本も昨年11月に1歳年下の勤務医と結婚し、現在第1子を妊娠中だが「私は、女優だったら濡れ場とか、グラビアがあることを付き合っている時に話していた」と明かし「もうひとつ、ゆうこりんはお子さんがいるので、お子さんがいながらのお仕事は、旦那さんにとっても引っかかったところがあるのかなあと。色々それ以外にもあったと思うんですが、すごくもったいない問題だな。もっと早くに話せなかったのかな、と思います」と語った。

 木曜コメンテーターを務める俳優の梅沢富美男(69)も「とてもいい子だからね。お腹に赤ちゃんもいるわけだから、ちょっとそっとしておいてあげれば」と心配そうに話していた。

 小倉は11年10月にヘアメークアーティストの男性と結婚。12年に長男、16年に次男を出産したが、17年3月に離婚。ママ友の紹介で知り合った歯科医師と約半年の交際期間を経て、18年12月25日のクリスマスにゴールイン。夫婦関係は順調とみられていたが、関係者によると、昨年秋の夫婦ゲンカを機に関係が悪化。直後に、2人の初子となる第3子の妊娠が分かったが、同年末に夫が家を出て別居状態になった。年明けには夫から弁護士を通じて、離婚を求める書類が小倉の元に届いた。小倉は夫婦関係の継続を希望しており、突然の事態に状況を把握し切れていないという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年3月12日のニュース