比嘉愛未 「ケイジとケンジ」クランクアップに感慨「本当に幸せでした」

[ 2020年3月11日 11:55 ]

比嘉愛未
Photo By スポニチ

 女優の比嘉愛未(33)が10日、自身のインスタグラムを更新。出演中のテレビ朝日系ドラマ「ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~」(木曜後9・00)のクランクアップを伝え、「参加出来て本当に幸せでした」と記した。

 比嘉は番組のポスター前で笑顔で花束を持つ写真と投稿。「クランクアップ ケイジとケンジに参加出来て、みなみを演じられて本当に幸せでした」と感謝。「あとは12日の最終回を残すのみ。ぜひ最後まで見届けてください #ケイジとケンジ#ありがとうございました」と最終回を予告した。

 「ケイジとケンジ」をめぐっては、放送中に主演の俳優東出昌大(32)の不倫騒動が発覚。関係者によると、クランクアップ後、現場で出演者が1人ずつあいさつ。ダブル主演した桐谷健太(40)があいさつを終えると「最後に東出バカヤローです」と、気まずそうにしている東出をあえてイジって紹介。東出は「皆さまを裏切ってしまった。これからは人を裏切ることなく生きていきます」と涙ながらに謝罪したという。

 比嘉は桐谷演じる刑事・仲井戸の妹で、東出演じる検事・真島のサポートを担当する横浜地方検察庁みなと支部立会事務官・仲井戸みなみを演じている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月11日のニュース