玉川徹氏、小室さん母の弁護士が元婚約者と面会に「ここ解決しちゃったらあと何が残るのかなって感じ」

[ 2019年8月26日 13:12 ]

小室圭さん
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が26日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。秋篠宮家の長女眞子さま(27)との婚約が延期されている小室圭さん(27)の母佳代さんと金銭トラブルになっている元婚約者の男性が、代理人とともに佳代さんの弁護士と今月上旬に面会していたことに言及した。

 玉川氏は「ポイントはここだけになったんじゃないですか。たぶん小室圭さんバッシングってここから始まったんですよね。お母さんの問題から始まっているんですよ。それで、ふさわしいだのふさわしくないだのって話になってて」と指摘。

 その上で「(小室さんが)米国に行く前っていうのは、就職をしてないとか、いろんな話はあったけど、そこってふさわしい能力があるんですかって話になったと思うんだけど、米国に行って勉強されて成績を取ってってなると能力とかやる気とかまじめさとかそういうのは問題なさそうじゃないですか」と言い、「そうなってくると、もうお母さんの話だけになる。だから、それをどう考えるか。“お母さんの話も自分の話でしょ”っていう人もいれば、“お母さんの話はあくまでお母さんで本人とは関係ないでしょ”って考える人もいるし、たいぶ絞られてくるんじゃないですかね。ここ解決しちゃったらあと何が残るのかなって感じがします」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月26日のニュース