立川志らく、バセドー病だった「毎日薬をのんでいます」「ずっと付き合っている」

[ 2019年8月26日 22:39 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が26日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!SP」(月曜後7・00)に出演。バセドー病を患っていると明かした。

 「ずっと気分が悪いです。何かに怒っているわけではないのですが、精神的に参っているんでしょうね」と普段の体調について語った志らく。睡眠時無呼吸症候群だと明かし、「診察してもらってCPAP(シーパップ)をつけてます」と就寝時に効果的な器具を使っていると語った。

 また、志らくは持病で「バセドー病を患っています」と告白。バセドー病は甲状ホルモンが過剰に分泌され、脈が速くなったり疲れやすくなったりする病気。

 「毎日薬をのんでいます。歌手の綾香さんは(バセドー病で)休業しました。私もこんなに働いている場合ではないのですが、(病気と)ずっと付き合っています」と自虐を交えて、病気について語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月26日のニュース