「行列のできる法律相談所」高視聴率26.3%!24時間駅伝アンカー・あさこ完走シーン放送

[ 2019年8月26日 09:15 ]

<24時間テレビゴール>手を繋ぎゴールする(左から)水ト麻美アナ、よしこ、いとうあさこ、近藤春菜(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ42 人と人~ともに新たな時代へ~」の生放送が終わったメーン会場である両国国技館から生放送した同局の「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)の平均視聴率が26・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で高視聴率を獲得したことが26日、分かった。

 「24時間テレビ」の24時間駅伝チャリティーランナーのアンカーいとうあさこ(49)が同番組放送終了後にゴール。生中継はされなかったが、「行列…」の番組内で完走する場面が放送され、その感動シーンに注目が集まった。

 同番組では、生放送を終えたばかりの総合司会、羽鳥慎一(48)と日本テレビの水卜麻美アナウンサー(32)、水卜アナとともに、史上初の駅伝形式でつないだチャリティーランナー、ハリセンボン・近藤春菜(36)、ガンバレルーヤ・よしこ(28)、激走直後のいとうが生出演した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月26日のニュース