N国・立花党首、3週連続MX抗議も進展なく…手段変更も視野「アンケートで判断したい」

[ 2019年8月26日 18:48 ]

TOKYO MX前の歩道で支援者からの質問を受け付ける立花孝志氏(撮影・安田健二)
Photo By スポニチ

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が26日午後5時すぎ、東京・半蔵門のTOKYO MXを訪れ、同局「5時に夢中!」への抗議活動を行った。番組内で出演者が同党に関して「気持ちが悪い人たち」などと発言したことに対し「侮辱された」として、今月12日に同局で抗議活動を始めてからこれで3週連続となった。

 立花氏によると、インターネットのアンケート機能で抗議に行くべきかどうかを支援者らに問いかけたところ「約70%が行くべきと答えた」と説明。自身の判断基準としている65%を上回ったことから、実行に移したと話した。

 反論機会を求めて番組出演を同局へ要望しているが、回答は「検討中」のまま進展がないとしている。同氏は今後について「毎回同じ事をしてもしょうがない。来週来るかどうか、内容証明郵便で期限を切って回答を求めるかどうかはアンケートを取って判断したい」と述べ、直接抗議の収束も視野に入れていることを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月26日のニュース