香取「僕が一番うまかった!」、草なぎ&稲垣と車いすテニス体験

[ 2019年8月26日 05:30 ]

車いすテニスをする(左から)稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 国際パラリンピック委員会(IPC)特別親善大使を務める俳優の稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)が25日、代々木公園で行われた関連イベントで車いすテニスを体験した。3人は代表に決まっている国枝慎吾選手(35)らがデモンストレーションを行った後、コートに登場。香取は「明らかに僕が一番うまかったと思います」と笑顔。中学生の時に1週間だけ軟式テニス部に所属していたという稲垣は「車いすのコントロールが難しかった」と語った。

 香取は昨年、平昌大会を現地で観戦。「人生観が変わりました。こんなにハッピーなことがあるんだと知れました」とパラスポーツの魅力をPR。草なぎも「来年はそういう瞬間がたくさんあるので、チケットを買って応援してほしい」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年8月26日のニュース