光石研もハマった どの曲も山下達郎風に歌うコツ

[ 2019年7月13日 13:02 ]

光石研
Photo By スポニチ

 カバー曲をすべて山下達郎(66)風にアレンジして歌う「シティポップ芸人」のポセイドン・石川(36)が、13日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)で“達郎芸”の極意を明かした。

 ゲスト出演した俳優の光石研(57)が「今、ハマっている動画」として、DA PUMPの「U.S.A.」などを達郎風に歌いあげる石川を紹介。この流れでスタジオに登場してXの「紅」を“シティーポップの帝王”バージョンにアレンジして生披露すると、番組レギュラーでHey!Say!JUMPの伊野尾慧(29)も「すげぇ!」と舌を巻いた。

 ニットの帽子からはみ出る長髪、青いシャツにジーンズ履き。おなじみの装いで石川は光石らに手ほどきを始めた。どの曲も達郎風に仕上げるコツについては、歌詞の単語一つ一つの「母音を引っ張ること」と解説。具体的に「あ、い、う、え、お」を、ビブラートをきかせながら「あっは~、いっひ~、うっふ~、えっへ~、おっほ~」と、くどいくらいに伸ばして歌い、スタジオ中の笑いを誘った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月13日のニュース