ヘイセイ山田の「ジャニーさんだったら…」に中居「辻褄は合わせるもの」

[ 2019年7月13日 17:45 ]

Hey!Say!JUMP
Photo By スポニチ

 「Hey!Say!JUMP」が13日、TBS「音楽の日 第1部」(後2・00)に出演。司会を務めるジャニーズ事務所の先輩、中居正広(46)から“金言”をもらう場面があった。

 歌唱前、中居はメンバーに「平成から令和に移りした。どんな思いなのか?」と不敵な笑みを浮かべて質問。山田涼介(26)は「最初、これ、どうなのかなと思ってたんですけど、平成をジャンプして令和がある。だから、ジャニーさんだったら、むしろ新しいよってこれって、言うんじゃないかなって」と返答した。

 これに、中居は「じゃあ、平成時時代はジャンプしてなかったんですね」と即ツッコミ。大先輩からのまさかの言葉にメンバーは「いやいや、そういうことじゃない。飛び越えました」と大慌て。中島裕翔(25)は「正直言うと、いろいろ言うとそうなってくると難しいんですよ」と思わず本音をもらすと、中居は「辻褄は合わせるものですから」と金言でフォローした。

 このやり取りを聞いていたTBSの安住紳一郎アナウンサー(45)は「そんな質問、後輩にしなくても…」と苦笑。中居は「そうですか、失礼しました」と平謝り。さらに、安住アナが「昭和の生まれ、平成時代に結婚せずに、令和迎えた人は平成ジャンプって言うんですよ」と指摘。この言葉に中居は「何すか、それ」とぶ然とした表情を浮かべた。

 歌唱後、「愛だけがすべて ―What do you want?」を含むメドレーを披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月13日のニュース