加藤浩次が見せた一般出演者への男気 テレ東P明かす 相方・山本謹慎時「5本お蔵になって…」

[ 2019年7月13日 12:47 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(43)が10日深夜放送のニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3・00)に出演。お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が、相方の山本圭壱(51)の謹慎中にとったという男気あふれる行動について語った。

 山本は06年7月に淫行騒動を起こし、直後に吉本興業から契約解除を受け芸能活動を謹慎していた。佐久間氏は、この騒動直前のこととして「極楽とんぼが夏休みを取る予定で、先んじて5本撮っていた」と番組を撮り貯めしていたと述懐。しかし、山本の一件で「その5本がお蔵になったのよ」と明かした。

 佐久間氏によると、5本のうち3本が一般人が出演したものだったという。「加藤さんだってショックじゃん。なのに加藤さんが『佐久間君、一般の人が出てる部分は、俺が同じリアクション全部やるから、もう一回撮ろう』って」と申し出があり、品川庄司も呼び、全部撮り直したという。「凄くね?超格好良くね?この加藤浩次」と、その男気に感嘆。また、山本からは復帰した際に「ごめん」と謝罪されたことも振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月13日のニュース