AKBファンの岩本輝雄氏、小嶋菜月推しはウソだった 本当にファンだったのは…

[ 2019年6月26日 22:44 ]

元サッカー日本代表の岩本輝雄氏
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表の岩本輝雄氏(47)が26日放送の日本テレビ系「有吉反省会2時間SP」(後9・00)に出演。大のAKB48ファンとして知られるが、実は“推しメン詐称”をしていたことを明かした。

 18年5月にグループを卒業した小嶋菜月(24)が“推しメン”であることを以前から公言していた岩本氏。しかし、それは真っ赤なウソで、「神7と言われるメンバーがいる中で、そこいったら普通すぎるじゃないですか。だから、なっつん(小嶋)イチ推しっていうことにしておきました」と説明。番組スタッフから「本当は誰推し?」と聞かれると、「まゆゆです」と渡辺麻友(25)のファンだったことを“白状”した。

 スタジオには小嶋が登場し「ひどすぎる」と大ショック。「私が卒業するときに“もう菜月がAKBにいないなら劇場に行くことはない”って言ってくれたんです」と思い出を語ったが、岩本氏は「2週間後に行きました」とあっさり明かしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月26日のニュース