元KARAハラ、生放送で衣装ハプニング「頑張りすぎちゃって」 ネットはフォローの声相次ぐ

[ 2019年6月26日 22:43 ]

元KARAのク・ハラ
Photo By スポニチ

 元KARAのク・ハラ(28)が26日、テレビ東京「テレ東音楽祭2019」(水曜後5・55)に生出演し、仕事復帰を果たした。5月に韓国の自宅で起こした自殺未遂騒動後初のテレビ出演となった。

 スタジオに登場すると共演者から拍手で迎えられ「ちょっと緊張していますが、皆さんお久しぶりです」とあいさつ。MCのTOKIO国分太一(44)が「日本のファンも心配していました。いまは大丈夫ですか」と質問すると「ご覧の通り、ものすごく元気です。これからは一生懸命活動したいと思います。応援よろしくお願いします」と笑顔で答えた。

 番組では日本のガールズグループ「Chuning Candy」とともにKARAの日本デビュー曲「ミスター」を熱唱。大ブームになった“お尻ダンス”も披露した。パフォーマンス中には衣装の一部がずれてしまうハプニングも。歌唱後、MCの国分が「ハラさん、ちょっとハラハラしてしまう場面がありましたね」と話しかけると、ハラは「はい。ちょっとハラハラしました。頑張りすぎちゃって…。みなさんごめんなさい」と頭を下げていた。

 ネットでは「ハラちゃん、ハプニング起きても冷静に踊っていた。プロだな」「国分さんが話を振ってくれて、本人が話す機会があってよかった」「気にせずに頑張ってね」といったハラを応援する声が広がった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2019年6月26日のニュース