ゆりやん、あの映画きっかけに英語に興味「語学力は中学・高校程度。大切なのは気持ち」

[ 2019年6月26日 22:59 ]

ゆりやんレトリィバァ
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(28)が26日放送のフジテレビ系「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に出演。米国の人気公開オーディション番組「アメリカズ・ゴッド・タレント」に出演した際の裏話を明かした。

 辛口コメンテーターたちと英語で堂々と渡り合う場面で株を上げたゆりやんだが、英語に興味を持ったきっかけはある1本の映画だった。その作品とは1985年公開の超人気映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。特に主人公を演じたマイケル・J・フォックス(58)にゆりやんは一目惚れ。「私もあんな風に英語で話したい!」という気持ちで英語へと取り組み始めたという。

 ゆりやんは「英語力のコツは気持ちです」と言い、「実際に私が話しているのは中学・高校程度の英語。映画への憧れが原動力です」と明かした。過去に海外のライブにも飛び入り参加で度胸をつけ、今回の選考に臨んだという。

 大きな挑戦を終えた後のゆりやんは振り返って「信じられない時間だった」と話し、「これはピコ太郎さん越えあるな!」と大きな“野望”を語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月26日のニュース