テレ朝「ロンハー」7・4% 前回から1・3P上昇、田村亮の謹慎処分発表後初の放送

[ 2019年6月26日 09:19 ]

ロンドンブーツ1号2号の田村亮
Photo By スポニチ

 吉本興業のお笑い芸人が事務所を通さず仕事をする闇営業を詐欺グループとの間で行っていた問題で、謹慎処分を受けたロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が出演するテレビ朝日系「ロンドンハーツ」(火曜後11・20)が25日に放送され、平均視聴率が7・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。謹慎処分発表後、初の放送で、前回放送(11日)は6・1%だった。

 番組放送開始直後に「この番組は6月2日に収録されたものです」と画面右下にテロップを表示。亮の姿は一度も映らなかった。

 テレビ朝日広報部は25日に亮ら謹慎となった芸人の収録済み番組について「出演部分について、できるだけ配慮し再編集して放送いたします」と発表。再編集の具体的な内容について同局関係者は「当該の芸人をカットして放送するということ」と明言していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月26日のニュース