松坂桃李しみじみ「皆さんと一緒にこの場に立てることを本当にうれしく思う」

[ 2019年5月18日 05:30 ]

映画「居眠り磐音」の初日舞台あいさつを行った(左から)杉野遙亮、柄本佑、芳根京子、松坂桃李、木村文乃、谷原章介、石丸謙二郎、本木克英監督
Photo By スポニチ

 俳優の松坂桃李(30)が17日、都内で主演した時代劇映画「居眠り磐音」(監督本木克英)の初日舞台あいさつを行った。

 同作は、麻薬取締法違反の容疑で逮捕、起訴されたピエール瀧被告(52)が出演していた部分を、奥田瑛二(69)を代役にして撮り直し、当初の予定通り公開。松坂は「無事に初日を迎え、皆さんと一緒にこの場に立てることを本当にうれしく思う」としみじみ。本木監督も「いろいろ大変な事態に遭遇したが、約束通り公開できました。必ず楽しんでいただける」とアピールした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月18日のニュース