氷川きよし2年ぶりトレンド入り アニソン動画に「断然こっち路線推したい」

[ 2019年5月18日 18:03 ]

氷川きよし
Photo By スポニチ

 演歌歌手の氷川きよし(41)の名が18日、2年ぶりにTwitterのトレンドに入った。2017年に初挑戦したアニメソングの動画に対して、視聴者から「方向性180度変えててすげぇ」など再評価の声があがり、ツイート数を急激に伸ばした。

 動画が思わぬ反響を巻き起こしているのは、2018年3月まで放送されたフジテレビ「ドラゴンボール超 宇宙サバイバル編」のオープニング曲「限界突破×サバイバー」。氷川は演歌の時とは一変し、ビジュアル(V)系ロックのボーカリストばりに妖艶に激しく歌いまくっている。ラメの衣装で、濃いアイシャドーのメーク。視聴者も「え、これ本当 氷川きよし? V系メイクもいい!」「もはや氷川きよしではなくて」などとツイート。

 さらに「氷川きよしすげぇ!!これはかっこいい!!全王様もおったまげじゃん」「ガッツリアイシャドウ塗らせてロック歌わせた人たちに120点あげたい」「演歌もいいんやけど、私は断然こっち路線推したい」「めちゃくちゃV系似合うな」などの声が上がった。

 1年以上前にシングル発売された曲だが、ネット上でおススメ動画に取り上げられたところ、閲覧数は右肩上がりに急カーブ。午後12時36分頃には「氷川きよし」がトレンド入りした。その後、1時間に約3,000ツイートされるなどの状況が続いた。トレンド入りは、2016年12月17日から42回目という。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月18日のニュース