最高16位から飛躍 川栄李奈 関係先にも評判良く再オファー目立つ

[ 2019年5月18日 06:30 ]

川栄李奈 結婚

元AKB48の女優・川栄李奈
Photo By スポニチ

 AKB時代“おバカ”としてキャラを確立したものの、選抜総選挙では最高位16位だった川栄。グループ卒業後、女優として評価され飛躍を遂げた。

 卒業後初仕事となった主演舞台「AZUMI 幕末編」(15年9月)の演出を手掛けた岡村俊一氏には「とんでもない殺陣の量なのに、弱冠20歳(当時)で、しかも初挑戦でこれをできる役者を今まで見たことがない」と絶賛された。

 共演者やスタッフだけでなく、仕事関係先にも評判が良く、再オファーを受けるケースが目立つ。女優転身後は作品を引き立たせる演技が主に同性に支持されており、授かり婚も人気への影響はなさそうだ。

 おバカアイドル、名バイプレーヤー、そしてママ女優へ。ステップアップが期待される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2019年5月18日のニュース