大の楽天ファン・サンド伊達、マー君“伝説の8球”の真意に興奮「本当に感動」

[ 2019年4月6日 08:30 ]

TBS特番「スポーツ名・珍場面!平成あったなぁ大賞」のゲスト出演者
Photo By スポニチ

 TBS特番「スポーツ名・珍場面!平成あったなぁ大賞」(後9・00)が4月7日に放送される。同番組は数々の名場面が生まれた平成スポーツ史の裏側に迫る新感覚のスポーツバラエティー。MCを務めるお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(44)と富澤たけし(44)に番組の見どころを聞いた。

 同番組では平成に活躍した国民的アスリートを直撃取材。名場面の裏側に隠された新たな真実や秘蔵映像をまじえながら、平成のスポーツ史を振り返る。

 収録を終え、伊達は「スポーツが好きなので本当に感動しました。元号が変わる前にもう1度見たいという平成の名場面の映像が見ることができた気がします」と満足げ。楽天イーグルスの公式戦はすべて1回表から9回まで観戦するほどの大ファンで、「マー君(田中将大)のリーグ優勝を決めた全力の8球。あの裏側、真意は初めて聞きましたし、野村(克也)さんもスタジオにいらして、直接そのお話を聞けたのはとてもよかった」と興奮気味に話した。

 富澤は「スポーツは2回でも3回でも楽しめる、と実感しました。(裏側を知ったことで)今後また違った見方ができるようになると思うので、それも視聴者さんの楽しみの1つだと思う」と見どころをあげ、「サッカーのドーハの悲劇は有名ですが、これだけ年数経ってもまだまだ知らないことが出てくるんだなって驚きました」と感想を語った。

 伊達は「次はまた次の元号の終わりに…」と笑いにしながらも、「結果は知っていてもそこにたどり着くまでの知らない真実をたくさん見られる番組。よりスポーツを好きになる、子どもにスポーツをさせたくなる番組です。1年に1回は放送できるのでは」と第2弾に意欲。富澤も「スポーツはドラマじゃないですけどドラマチック。こんな展開ありえるの?という名場面ばかり」とスポーツの魅力を力説した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年4月6日のニュース