3月でテレ朝退社の宇賀なつみアナ 4月以降も「池上彰のニュースそうだったのか」進行担当「心から感謝」

[ 2019年3月2日 21:55 ]

宇賀なつみアナウンサー
Photo By スポニチ

 3月末にテレビ朝日を退社する宇賀なつみアナウンサー(32)が2日、自身のインスタグラムを更新。4月以降も同局「池上彰のニュースそうだったのか!!」(土曜後7・54)のアシスタントを引き続き担当することを報告した。

 この日は午後6時56分からの緊急生放送で、第2回米朝首脳会談を解説。宇賀アナは「今夜は緊急生放送でしたが、ご覧いただけたでしょうか?」と切り出し「4月以降も引き続き、担当させていただくことになりました」と報告。「池上彰さん、スタッフの皆さんに心から感謝しています。この春で6年目を迎えますが、ますます良い番組になるよう、しっかりと池上さんを支えていきたいと思います!」と決意を新たにした。

 2014年4月に「ここがポイント!!池上彰解説塾」の番組名でスタート。ジャーナリストの池上彰氏(68)と同じ東京都立大泉高等学校の出身の宇賀アナが進行役に起用された。

 宇賀アナはアシスタントを務める朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜前8・00)は卒業。4月に入社する元乃木坂46の新人・斎藤ちはるアナウンサー(22)が後任を務める。

 一方、4月スタートの同局の新番組「川柳居酒屋なつみ」(火曜深夜1・59)を任され、フリー転身後の初レギュラー番組に挑戦。小料理屋の女将に扮する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月2日のニュース