宮崎謙介氏、進次郎氏演説のパクリ告白 上沼恵美子あきれる「政策をちゃんと」

[ 2019年3月2日 09:42 ]

元衆院議員の宮崎謙介氏
Photo By スポニチ

 元衆議院議員の宮崎謙介氏(38)が1日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。議員時代、自民党の若手ホープ議員の演説を丸パクリしていたことを明かし、共演者からあきれられる一幕があった。

 「緊張して、何を話していいのか分からなかった」と、演説が苦手だったという宮崎氏。出馬が決まった際には、演説に定評がある自民党の石破茂元幹事長の勉強会に出席して、その音声を録音。「家に帰って(音声を)文字に起こして、一言一句全部覚えて翌日から丸パクリしました」とぶっちゃけた。

 「大事なのは、間違ったことを言うよりも、まねから入ってそこから勉強すること。さらに、“この考え方は違うな”とか修正していって自分のものとして確立していくということ」と持論を展開。さらに「まねをしてもいい人、悪い人がいる」とし、“いい人”として挙げたのが小泉進次郎氏だった。「小泉さん。まねしました〜僕」と悪びれず話し、MCの上沼恵美子(63)から「政策をちゃんと持たないと」と叱られる始末だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月2日のニュース