「鉄人」でブレークの料理人 人気の裏で何度も金をだまし取られた過去 熟年離婚も…

[ 2018年12月1日 11:15 ]

神田川俊郎氏
Photo By スポニチ

 大阪に日本料理店を4店舗展開する料理人の神田川俊郎氏(79)が11月29日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。何度も女性から金をだまし取られていた過去を明かした。

 1993年から放送された人気番組「料理の鉄人」(フジテレビ系)で、「関西料理界のドン」として鉄人に挑戦する姿が話題を呼んでブレーク。その後も「花に水、人に愛、料理は心」を合言葉にユニークなキャラクターでバラエティー番組に引っ張りだこになったほか、塩やしょうゆのCMキャラクターに抜てきされるなど、一躍、時の人となった。

 ただ、絶頂期にはあやしい女性が近寄ってきたといい、実際「だまされた経験が何度もあります」と告白。「『お金を貸してくれ』と。かわいそうやし、貸すんですね。でも貸したら絶対に会いに来ない」といい、せびられた金は一切返ってきていないという。

 さらに「もう別れました」と、仕事に打ち込むあまり40年以上連れ添った妻と8年前に離婚していたことも打ち明けた。「人生いろいろありました。これから頑張らないと」と神田川氏。現在は、政府から日本食普及の親善大使に任命され、世界各国で普及活動を行っているほか、ディナーショーや講演の仕事が多く入っているといい「オイシイですね」と笑顔を見せていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月1日のニュース