チコちゃん 毒舌を反省!?「局長に進退伺いを出しておきたい」

[ 2018年12月1日 11:13 ]

チコちゃん
Photo By スポニチ

 NHK総合「チコちゃんに叱られる!」(金曜後7・57、再放送土曜前8・15)の人気キャラクター・チコちゃんが30日放送回で、自身の毒舌を反省し「進退伺い」を用意したいと思っていることを打ち明けた。

 同番組は4月にレギュラー化された人気情報バラエティー。ちょっと毒舌なキャラクターの5歳の女の子「チコちゃん」が投げかける、わかるようでわからない、日常生活の素朴な疑問を“大人”の出演者に投げかけ、きちんと答えられないと、チコちゃんが「ボーッと生きてんじゃねーよ!」と叱りつける痛快なやり取りが幅広い世代に大ウケ。「ナインティナイン」の岡村隆史(47)が司会を務め、お笑い芸人の木村祐一(55)がチコちゃんの声を担当。かわいいけど、ちょっと生意気で、毒舌なチコちゃんは大人気となっている。

 30日の放送では「六角形の鉛筆が多いのはなぜ?」という疑問について特集。答えは「3の倍数で持ちやすいから」。答えを教えてくれた大阪経済大学の西山豊教授から「チコちゃん、鉛筆で何が書きたいですか?」と投げかけられたチコちゃんは「進退伺い」とキッパリ。「私はちょっと毒を吐きすぎる時があるから、(NHKの)局長にあらかじめ進退伺いを出しておきたい」とまさかの回答で笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年12月1日のニュース