武井咲 “母”として初の公の場 オーダーメードのドレスに「うれしい」

[ 2018年10月24日 15:24 ]

ベストフォーマリスト賞を受賞した山本耕史と武井咲
Photo By スポニチ

 俳優の山本耕史(41)と女優の武井咲(24)が24日、都内で行われた「第19回ベストフォーマリスト」授賞式に出席した。武井は今年3月に「EXILE」のTAKAHIRO(33)との間に第1子となる女児を出産。母として初の公の場に登場した。

 武井はこの日のためにオーダーメードで作られたサテン地のイエローホワイトパールのロングドレスをまとい、柔らかな笑みを浮かべながら登場。「ドレスを製作するの初めてで、うれしかったです。デザイナーの池本さんとスタッフの方に細かいリクエストを聞いていただきまして…」と笑顔をほころばせた。

 気に入っているところは「高級感のある素材とシンプルかつエレガントなところ」。またフォーマルを着る機会は少ないが「海外旅行に行くとき、持って行きます」と語った。

 山本は上品な光沢のあるウール地を使用したミッドナイトブルーのタキシードを着用。普段はあまり着る機会はないというが「こういう賞をいただき、大人の男性に近づけたのかという印象です」と受賞の喜びを語った。

 2000年から始まった同賞は、日本フォーマル協会が主催。「高い品格と将来性、話題性」があり「フォマールウェアを素敵に着こなせる」男女各1人を毎年著名・有名人から選出し表彰している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年10月24日のニュース