乳がん手術告白の矢方美紀 抗がん剤治療で脱毛も「最近は髪の毛が少し生えてきました」

[ 2018年10月24日 18:21 ]

乳がん検診などについてのパネルディスカッションを行った矢方美紀
Photo By スポニチ

 ステージ2の乳がんが発覚し、左乳房全摘出とリンパ節切除の手術を受けていたことを今年4月に告白した元SKE48でタレントの矢方美紀(26)が24日、都内で行われた女性誌向けメディアセミナーに出席し、乳がん検診などについてのパネルディスカッションを行った。

 約4カ月にわたって抗がん剤治療を行った影響で脱毛しており、現在はウィッグをつけて生活している。だが「最近は髪の毛が少し生えてきました。まつげもまゆ毛も少しずつ生えています」とニコリ。「顔のむくみもとれてきて、元気です」と明るい笑顔をのぞかせた。

 また、全摘出した左乳房の再建手術に関しては、「最初は再建したいと思っていたけれど、いろいろな情報を整理していくうちに(再建を)しない人もいると知って、今でも不自由はないのでこのままでいようと思っています」と明かした。「そういう選択肢があることも発信できたら」と明るく前を向いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月24日のニュース