カナダのラッパーが小型機の翼から落下 ミュージック・ビデオ撮影中にスタント失敗

[ 2018年10月24日 16:52 ]

 カナダ出身のラッパー、ジョン・ジェームズ・マクマーリーさん(34)が自身のミュージック・ビデオの撮影中に小型機の翼から落下。パラシュートは背負っていたものの、死亡していたことが明らかになった。

 事故発生は20日。カナダ・ブリティッシュコロンビア州のバーノン上空で“ロケ”をしていたマクマーリーさんは翼の上を歩くシーンに熱心に取り組んでいたが、翼の遠くに行き過ぎたために飛行機がバランスを崩して急降下してしまった。マクマーリーさんは翼にしがみついていたとされているが操縦士が機体のバランスを修正することはできずついに落下。パラシュートを開く時間はすでになかったものと見られている。

 なお小型機はその後、無事に着陸している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月24日のニュース