伊集院光 「ピンポンパンのおねえさん」登場に大興奮「記憶が混乱中」

[ 2018年10月24日 18:59 ]

タレントの伊集院光
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの酒井ゆきえ(64)が24日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月〜木曜前8・30)に出演。フジテレビで15年以上に渡り放送された人気子供向け番組「ママとあそぼう!ピンポンパン」で3代目おねえさんを務めた際のエピソードなどを語った。

 MCの伊集院光(50)は酒井登場前から「自分の中では、ピンポンパンといえば“ゆきえおねえさん”で、歌とか全部歌えるしコーナーとかも覚えてるくらい夢中だった」と興奮気味。ただ、「プロフィールを見ると(酒井が出演してたのは)俺が小学校高学年の頃だった。自分は他の子どもより大人びていたと思っていたから(高学年で子供番組に夢中だった事実に)いろいろ記憶が混乱中」と戸惑った。

 酒井は出演当時を振り返り「とにかく忙しかった。休みも寝る時間もない。どっちかというと虚弱体質なのに。私の不幸は顔が健康そうなのに体が弱い、いくら熱を出してもげっそりしない、苦労が人に伝わらない。健康そうに見えるからやらなきゃいけないっていうのがつらかったかな」と苦笑。番組に登場した人気キャラクターのカータンやビッグ・マンモス(少年合唱団)のことを聞かれると「今日、カータンやビッグ・マンモスとか、みんな(この番組を)聞いてます」と現在も交流があることを明かした。さらに、番組のプロデューサーが「笑っていいとも!」や「オレたちひょうきん族」など数々のヒット番組を世に送り出した横澤彪氏(享年73)だったことも明かし、伊集院を驚かせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月24日のニュース